椿ヶ丘団地の管理人レビュー

椿ヶ丘団地の管理人抜けるエロ漫画

会員登録しなくても無料試し読みができます♪

下記に無料試し読みの方法を書いています

https://studentsfordesignactivism.org/wp/free-reading/

 

こんにちは。当サイト管理人の和子と申します。

すっかり『椿ヶ丘団地の管理人』にハマってしまったみたいです。

他のエロ漫画と大きく違う所は、この漫画はスリリングな所があるんですよね

この巻から、二部が始まりました。

椿ヶ丘団地の管理人には特殊な仕事があって、それはこの団地の住人に対して管理人が性サービスをするところです。

住人がいつのタイミングでどんなことを求めてくるのか分からないので、ハラハラしてしまいます。

そしてエロさも満点のマンガです。

登場人物は中年以上なので、大人のねっとりとしたセックスが見れます♪

ぶつかり合うだけのセックスではなく、

言葉攻め

野外プレイ

マ〇コとア〇ルの同時攻め…。

普通では飽き足りた方に超おススメです!!

 

『椿ヶ丘団地の管理人』を無料試し読みで読んでみよう

無料お試し法|2万ポイントゲット法『椿ヶ丘団地の管理人』の一部を無料で読む方法 会員登録しなくても無料試し読みができます♪ 下の無料試し読みをクリックしてください...

登場人物の紹介

第十話 あらすじ

木瀬美智子(33)は、椿ヶ丘団地の管理人を務めている。

ここの管理人の業務には通常の業務以外に特別な仕事がある。

それは住民に対する性サービスだ

この団地に住む単身男性にはサービス券が10枚配られる

サービス券の枚数によって受けるサービス内容が違うのである

今日、管理人である木瀬は朝から5枚のサービス券を渡された

即ち性交である。

木瀬は日向から5枚渡され、団地の裏で日向にバックからサービスを施した。

木瀬がこの仕事を始めた背景は、子供の教育費を稼ぐため

そして派遣労働者の契約がいきなり切られたことにある。

木瀬の前に管理人だった塚田恭子が熱海旅行から帰ってきたようだ。

木瀬と塚田が井戸端会議をしていると、後ろから重村が声をかけてきた。

重村はチケットを5枚木瀬に手渡すと、2人で事務所に消えていった。

気になる第十一話の内容は?

重村が前の管理人の塚田に木瀬が「性サービス」の仕事をしている時とてもつらそうな顔をしていると言って来たらしい。

心配した塚田が、木瀬にいつでも管理人の仕事やめてもいいからねと言うと木瀬は…

感想

このシリーズをここまで読んできて感じるのは、木瀬と前管理人である塚田の「性サービス」をしている時の表情が全然違うこと

塚田は性サービスを住民にしている時、割と楽しんでいたような表情だったのに対し、木瀬とてもつらそうな顔でサービスを施している。

また木瀬の子供・沙也加に仕事について聞かれた時も、楽しい物ではないと言っている。

いくら大金がもらえるにしても、辛かったら続かないだろうなあと思っていました

住民の男の人は「まるでおもちゃ」のように木瀬の身体を扱うし、その上仕事がツライと思っていたら、結構大変だなあと…。

しかも、椿ヶ丘団地の管理人はいつ仕事が入るか分からないのでいつでも緊張していないといけないのです

男性の住民は木瀬とのセックスを楽しんでいるが故に、余計木瀬が気の毒に思えます

木瀬はどこまでこの激務に耐えられるでしょうか…

続きがとっても楽しみです。