椿ヶ丘団地の管理人レビュー

椿ヶ丘団地の管理人【母は強し。娘を命がけで守るために】

会員登録しなくても無料試し読みができます♪

下記に無料試し読みの方法を書いています

無料お試し法|2万ポイントゲット法『椿ヶ丘団地の管理人』の一部を無料で読む方法 会員登録しなくても無料試し読みができます♪ 下の無料試し読みをクリックしてください...

 

 

多摩豪先生の最新作

椿ヶ丘団地の管理人を読んでいます

団地が漫画の舞台って良いですね(笑)

私が幼かったころの昼ドラを思い出します

前回の作品では、主人公木瀬が管理人の仕事を持ち掛けられるも、管理人の仕事「サービス」が一つのネックになって木瀬が管理人の仕事に対して決断を渋っています

 

『椿ヶ丘団地の管理人』を無料で試し読みしてみよう

無料お試し法|2万ポイントゲット法『椿ヶ丘団地の管理人』の一部を無料で読む方法 会員登録しなくても無料試し読みができます♪ 下の無料試し読みをクリックしてください...

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽


「椿ヶ丘」で検索

登場人物の紹介

第三話 あらすじ

管理人の仕事の一つ「サービス」が住人への性サービスと知ってしまった、木瀬。

 

いくら、高校進学を控えている娘がいるとはいえ、いくら月収78万円になるとは言え、決断は即にはできない。

 

すると管理人が木瀬の背中を押すかのように言う

 

まぁやるかやらないかはあなたの自由

嫌ならやらなくて結構よ

娘の沙也加ちゃん来年高校生よね?

あなた今33よね?

その歳でしかも母子家庭のあなたにまともな仕事が見つかると思う?

私もあてずっぽうで言ってるわけじゃないの

私もシングルマザーなの

 

木瀬は悔しい気持ちと、どうにもならない気持ちで複雑な気持ちになっていた

現実はそんなに甘くないのだ。

 

管理人は木瀬に管理人のマニュアルだけ残してその場を去った。

悶々したまま木瀬は帰宅し、これからの事を考えて頭を抱えていた。

するとしばらくして娘の沙也加が学校から帰ってきた。

 

娘は無邪気な表情で言う

私、定時制の高校に行くことにしたの

学費安いし昼間にバイトもできるしね

これ以上お母さんに迷惑かけたくないから

 

わ…私は母親失格だわ

そして母はそのまま管理人室を訪ねた。

 

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽

「椿ヶ丘」で検索

気になる第四話の内容は?

娘が第一志望の高校を諦めて、定時制の高校に行くという。

その理由が学費が安くて昼間にバイトをできるからという

 

木瀬は、決断した

娘の将来のために管理人になると。

その木瀬を待ち受けていた運命とは?!

感想

なかなか心揺さぶられるシリーズだと思います。

木瀬は高校進学を控えている子供を抱えています。

木瀬が無職になったのも子供には何の罪もないですから…

その子供が、お母さんに迷惑をかけられないと第一志望の高校を諦めて、定時制に行くと言います

それまで揺れていた木瀬の心が、子供の一言で決まったのでした。

母強しです

 

木瀬はこれからどんなことがあるか分からないが、管理人の仕事を勇気をもって受けました。

木瀬の表情が厳しく真剣になっています。

椿ヶ丘団地の管理人シリーズはエロ漫画のジャンルを超えて、小説のように読める漫画になっています

冒頭、管理人がマ〇コ舐められバックから挿入れられてからは濡れ場は無く、まるでテレビドラマのようなストーリーです

この焦らされ感も、また良いものですね♪

続きは是非本編をご覧ください

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽

「椿ヶ丘」で検索